トップ / インプラント関連の新しい知識

インプラントは刺激的

インプラント関連の新しい知識

インプラントは痛いのか

インプラントははがなくなった部分に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けていく方法です。歯根を埋め込むといえば、痛いのではないかと考えてしまう人も少なくありませんが、施術は麻酔を行うので、痛みを感じる事は殆どありません。ただ、麻酔が切れた後は、痛みが出てくる事になりますが、痛み止めが処方される為、痛み止めで緩和していく事が出来ます。そして、最初の24時間は施術をした部分を冷やす、それ以降は温める事で、痛みを軽減させていく事が可能となります。インプラントの施術自体は、麻酔をして行うので、痛みは殆ど感じません。

痛いイメージのある義歯治療

痛いイメージのあるインプラント治療ですが、実際は無痛治療が出来る歯医者さんも多く、麻酔をしているので痛みをあまり感じないケースが多いです。歯医者の治療なので、多少の痛みがあるケースはありますが、虫歯の治療などと比べても軽度の痛み程度なので痛みを気にしないで治療ができます。インプラント治療には多くのメリットがあり、見た目が白くて天然歯の様に美しいので大きな口をあけても目立たない事や、噛む力が復活するので硬い食べ物でも痛い思いをせずに安心して食べられるようになるなど機能面に優れています。メンテナンスをしっかりすれば長持ちするのも良いです。

↑PAGE TOP