トップ

インプラントは有益

インプラントに近づく為の常識

インプラント治療の痛み

インプラント治療にはさまざまなメリットがあります。ブリッジや入れ歯ですと違和感があったり、見た目がよくないことが多いですが、そういったこともなく、見た感じも普通の歯と同じ状態にみえます。また、見た目だけでなく、健康な歯の状態に近くなることも特徴の一つです。インプラントの痛みを心配する方も多いですが、実際は手術中は麻酔で感じないですし、親知らずの抜歯などに比べると神経まで麻酔が効きやすいといわれています。そのため、思っているよりも楽に手術できる場合が多いのです。触らなければ、2日目以降は随分楽になるといわれています。

義歯の治療の痛みって?

歯を失ってしまった人が受ける治療のひとつにインプラント治療があります。しかし、痛いのではないかと不安に思う人も少なくありません。そこで今回は治療する場合の痛みや腫れについて、ご紹介したいと思います。この手術は、歯茎を切ってその中にある骨を削り、埋め込みます。骨は痛さをあまり感じない部分なので、歯茎を切った際の痛みが出るくらいです。インプラントの手術には麻酔を使用します。麻酔が切れると痛くなってくるので、早めに鎮痛剤を飲むとよいでしょう。今はできるだけ歯茎を切らない手術が多くなってきているので、痛さもそれほど感じないでしょう。

↑PAGE TOP