トップ / インプラントと病気の関係

インプラントの技術

インプラントと病気の関係

インプラントの新技術

今までのインプラントでは、歯の一本一本に対して人工の根を手術で埋めこんでいくというのが主流でした。しかし強度的には全部の歯を人工の根にしなくても支えることができることが判明しました。ですからわずか数本の土台を作るだけでしっかりと噛むことができる歯を再び手にすることができるのです。また手術による体力的な負担や経済的な負担も軽減することが期待できます。今まで骨の厚みなどで手術が困難だと言われていた人にも可能性があります。

インプラントは天然の歯に近い

インプラントは歯の治療方法として注目されているものです。部分入れ歯やブリッジといった治療方法の場合、周りの歯を削ったり金具で取り付けたり、まわりの歯に負担をかけてしまい弱めてしまうことにもなります。しかしインプラントは歯の顎の骨に直接取り付けるという方法で部分入れ歯やブリッジなどのようにまわりの歯に影響を及ぼすことはありません。また天然の歯に近い感覚で普通に食事ができ歯を磨いたり会話を行うことができるのです。

↑PAGE TOP