トップ / インプラントの治療期間

インプラントの治療法

インプラントの治療期間

他の治療法よりインプラント

歯を失ってしまった時の治療法として、インプラントがあります。失われた歯のかわりに、人工歯根を埋め込みます。骨にしっかり定着させるため、天然歯とほぼ同じように物を噛むことが可能です。耐久性に優れているのも大きなメリットです。健康保険が適用されない自由診療なので、ブリッジや部分入れ歯など他の治療法に比べると、かかる費用は高額になりますが、メンテナンスに気をつければ非常に長持ちします。機能性や審美性、またコストパフォーマンスなどを総合的に見れば、現在最も優れた治療法といえるでしょう。

インプラント治療とサイナスリフト

インプラント治療を行うときに上顎の骨が不足している場合には、その骨を増やす治療を行います。その治療の中にサイナスリフトと呼ばれるものがあり、サイナスは鼻の横にある空洞で上顎洞ともいいます。サイナスリフトは上顎洞に骨を移植したり骨補填材を入れたりして、顎の骨の不足を補います。この治療では人工歯根の埋め込みと一緒に行うやり方や、先に骨の造成を終えてから後に人工歯根を埋め込むといったやり方もあります。それらのことは状況に応じて適している方法を選択するようになります。

↑PAGE TOP