トップ / インプラントに変える時期

インプラントを採用

インプラントに変える時期

歯を失ったときのインプラント

歯を一本抜歯した場合、なくなった歯を補うため、通常は義歯を入れます。その際、両サイドの歯に金属のブリッジをかけますが、金属だと前歯など、どうも見た目がよくないため、健康な両サイドの歯を削ったり、そこにも白いかぶせものをし、処置をします。そのため、見た目はよくなるのですが、健康な歯を犠牲にしてしまうことになります。歯が弱くなる、虫歯になる、というものです。そのようなことを防ぐことができるのがインプラントなのです。インプラントは、他の歯を犠牲にせずに済むというメリットがあります。

インプラントをするメリット

色々な事情により歯を失ってしまった場合、義歯をはめるか、インプラントを使用するかの選択をする事になります。どちらがいいかというと、やはり後者がおすすめです。義歯ですと、硬いものや粘着のある物は食べづらく、また笑った時など見栄えがよくありません。またはめているという行為がストレスに感じる場合もあり、外してしまう方も多いからです。その点、インプラントですと、硬いもの等も食べやすく、見栄えも良く、食事も思う存分楽しむことができるので、お勧めです。

↑PAGE TOP