トップ / 年齢による歯周病は歯科へ

歯科で治療可能な事

年齢による歯周病は歯科へ

歯科で歯茎の黒ずみをピンクに

歯科で歯茎の黒ずみをピンクにするのも可能ということをご存知でしょうか?メラニン色素の沈着により、歯茎の色が悪くなってしまうことがあります。喫煙者だけではなく、受動喫煙によってお子様や家族にも影響が出てしまうことがありますが、1回の施術で効果を実感することが出来るようになります。特殊な薬を塗ることにより、数分で黒ずんだ部分の色が変化して数日で歯茎から細胞が剥がれて1週間ほどした後には美しい歯茎を手にすることが出来るようになります。歯茎の黒ずみを気にされるのであれば、歯科で試して見ることをおすすめします。

異常を感じたらすぐ歯科へ

仕事が忙しいからとか、なかなか時間が取れないとか、治療が痛そうだなとか、ついついいろんな理由をつけて、歯や歯ぐきの痛みを感じつつも、歯科の受診をせずに放っておく人が多いです。しかしそれはとても問題。歯の健康状態は身体全体の健康状態に大きく関係しているのです。少しでも異常を感じたらすぐにでも受診するのが鉄則。痛みがそれほどなくても実際にはかなり進行していたというケースも珍しくありません。中には歯根嚢胞など、神経を取っている歯にできて痛みなどの自覚症状が出ない場合もありますので、定期的に検診しましょう。

↑PAGE TOP